山之村について

山之村(やまのむら)は、岐阜県飛騨市最北部にある
標高1,000mにある7つの集落をまとめた通称名です。

構成する集落は、森茂(もりも)、下之本(しものもと)、伊西(いにし)、和佐府(わさふ)、
打保(うつぼ)、瀬戸、岩井谷。

「山之村」という通称名は地図に記載されないので、「地図に無い村」とも言われます。

最寄りの市街地、神岡町から山之村へ車で来ると40分、
冬季になれば1時間近くかかります。

昔ながらの茅葺屋根の民家もあり、
2009年には朝日新聞社と森林文化協会の
「にほんの里100選」にも選ばれました。

標高1,000mという高地のため
真夏も朝晩はひんやりすることが多く、
真冬には-20℃にもなる
冬の長い土地です。

そんな山之村の気候を生かした特産品が
「寒干し大根」です。
最近ではメディアでの紹介も多く、
毎年品切れになってしまうほど。
普通の大根では味わえない
甘み豊かな保存食です。

のんびりした空気の漂う日本の原風景を味わえる
のどかな土地です。

更新日:

Copyright© ヤマノムラデザインラボ , 2017 AllRights Reserved.